営業

ユートピアを求める人々の群れ

人間ってめんどくさい 

「パワハラ」、「セクハラ」、「社内いじめ」、

ニュースでたびたび出てくるワードです。

会社内の人間関係の縺れは、どこにでもあり、以前の記事でもあげましたが、離職の上位にくる理由の一つです。

どうしようもない上司、どうしようも部下が奏でる不協和音は、何とも切ない音色。

本日は人との関わり方、特に自身のメンタルコントロールについて書かせていただきます。

私が日々、実践?無意識でしていることですが、参考になればと思います。

優秀な社内営業マン

「あー、また○○さん、ゴマ刷ってるよ。」

以前、在籍していた会社で、あからさまに上司へのアピールをしている人がいました。

彼とは仲良くさせてもらってましたが、私は、そのようなアピールの部分については嫌悪感を抱いていました。私は、

「数字を上げていれば、社内営業なんて関係ない。実力勝負だ。」

などと考えていました。

でも○○さんは、いつもプレゼンの機会をもらったり、異動の希望も通り、本社に栄転してしまいました。 

いやー、勝てませんね。。

絡みずらいナンバー1

若い時は、世の中をよく知らず、よく上司に噛みついたりして、痛い目みておりました。

誰でもそうでしょうが、とにかくペコペコするのが、嫌で嫌で。

20代半ばまで、「絡みずらい部下ナンバー1」だった自信があります!

  • 周りを頼らない。
  • 一人で何でもできると思っている。
  • なるべく上司と距離をおく。
  • 自分の成果を優先させる。 等

上記に当てはまるものあったら、私みたいになる可能性あるのでご注意ください。

しかしながら、ある点に気づいてから、劇的にストレスフリーで社内の人間関係構築ができるようになりました。

そしてそれに伴い営業成績も、死ぬほど努力しなくても、7割位の力で成果出せるようになりました。

組織力というメリット

サラリーマンの大きなメリットは、組織に属しているということです。

組織に属しているデメリットはもちろんあります。冒頭で話したように、多くの他人が入り乱れており、円滑なコミュニケーションをとれなければ窮屈極まりないです。

上司からの理不尽な扱い、お局さんからの嫌み等、挙げればきりがございません。

「コミュニケーションを駆使して、社内の人間と関わる」

これを実践できれば、サラリーマンとしての強みを出せるわけでございます。

組織に属しているという大きなメリットを活かせるのです。上司との縦の繋がり、または他部署等との横の繋がり。(これは会社の規模にもよりますが。)

私が考えるサラリーマンのメリットは

  • 失敗しても、責任者がいる。
  • 相談相手が山ほどいる。
  • 自分一人で抱えきれないことは、周りに頼れる。
  • 役割分担できる。
  • 定休日がある。  

等です。この最強のプラス思考は、基礎として持っていただきたい思考です。

古くからの言葉で「病は気から」ってありますが、人間って不思議な物で、本当に気の持ちよう1つで、へこんだり、元気になってりします。なぜでしょうか。

認識」です。ふわふわした状態の物を、こうだ!って認識することで、脳がその事象に対して、肯定的判断を下してしまうのです。

つまり受け取り方、一つでいいようにも悪いようにも捉えられるということです。

そうです。サラリーマンは最高って思ったら勝ちですね!

社内営業ではない、自分の見せ方次第だ

認識のハードルを下げる

「社内営業=マイナスイメージ」って、認識の方が多いかと思いますが、私は、「社内営業=ただの人間関係の構築」って捉えてからストレスフリーになりました。

友達といる時、彼氏彼女といる時、誰しも相手が何を求めてるか、こうしたら喜ぶとか考えてると思います。

シンプルに相手が喜ぶことをしていくのが、一番の近道です。

相手の意識の外から放つパンチ

認識を変えていただきたい最大ポイントは、自分の社内での見られ方です。

まず自分の立ち位置は、自分で線引きが必要です。

簡単には言えば、相手が上司だろうと、先輩だろうと、潜在的に相手から下に見られないように、自分を見せなければいけません。

いつも怒られたり、仕事にいちゃもんつけられる方は、この線引きが自分で出来ていない可能性があります。

ではどうすれば下に見られないのか。

1人とのやり取りを10とした時、7は相手の話を全て受け止めます。残りの3は、自分の意見を遠慮なく濁さずストレートに発信することです。

相手がポカーンってしてしまうぐらい、真っ直ぐ伝えるぐらいが丁度良いです。

例えば、絡みずらい上司やお局に使う場合、普段は素直に言うこと聞いときます。3を出すタイミングで、他の人が頼みずくて言えないようなお願いを、ストレートに伝えたりすると良いと思います。

×~をお願いしていいですか?

○~をお願いします!

みたいな感じです。

これは一例になりますが、相手の意識の外からくるパンチをくり出すってことです。

これがヒットすると、「あ、コイツ結構、面と向かって言ってくるんだ」という意識付けができます。

これを5以上やってしまうとただの変な人に成り下がってしまいますが、あくまでも3割、2割です。

この線引きができた上で、コミュニケーションをとっていくことで、下手に出続けなくていい自分を作り出すことができます。

頼ったっていいじゃないか

人間は承認欲求の塊です。誰かに頼られたり、誰かの役にたったりすることで、自己肯定感が強まり満たされたりします。

人によりますが、頼られると気持ちのどこかで嬉しくなってしまうのです。

私は狙ってやってませんが、とにかくわからないこと、仕事の方向性等、周りに良く相談するようにしています。

やる気がなくてもストイックさを全面に

やる気がないマイナスオーラの人は、誰も救ってあげようとは思いません。

逆にポジティブかつ、目標を高く持ち、夢に向かって突き進む人を応援したくなるものです。

特に上司に対しては、どうやったら昇進できるか、どうやったら給料あがるか、大いに夢を語ってください。

昇進した人間ですから、ストイックな方が多いでしょう。きっと応援してくれるはずです。どうしようもない上記でも。

情報を積極的に与える

営業というと情報を引き出すことに注力しがちですが、社内外とわず、アウトプットが非常に重要です。

社内での話。例えば情報収集していると、自分に役に立たなくても、他部署、同僚に、役立ちそう情報を得る時があります。

これを実際に共有してあげるか、あげないかで後々大きな差に為ります。

私は、積極的に情報を共有した結果、他部署の人から案件を紹介していただき、100名単位の派遣の超大型案件をゲットできました。

言い換えれば、有益な情報をいつもくれる人というイメージを相手に持たせる行為です。

自分に良くしてくれる人には、自分からも良くしてあげたくなりませんか?

まとめ

  • ストレスフリーな環境は自分で作っていく。
  • 社内営業は、ただのコミュニケーション。
  • 苦手な相手には、意識の外からパンチを放て。
  • とにかく誰かを頼る。
  • 自分からアウトプット。

社内営業は上司に媚を売ることにあらず。自分が働きやすく、組織力を活かして、成果を出すことが本当の社内営業です。

最後に、人間に対して、理想のハードルを上げるとその人、その環境が嫌になることがあると思います。

だったらもともと人に期待しなきゃいいのです。

美味しいって評判のレストランに行って、期待を裏切られるなら、最初から普通って思ってた方が、期待との落差はないですよね。

理想の上司に、理想の同僚はこの世に存在しません。

自己ブランディングで、切り開くしかないです!

-営業
-

© 2022